tsuzuketainekosanの日記

アニメや声優さん、ゲーム、漫画、小説、お仕事とのことなどなど。好きなことを、好き勝手に、好きなように書いていくだけのブログです!ブログ名の『ねこさん』は愛猫の名前だよ!かわいいよ、ねこさん!

あなたの〇〇はどこから?~石川界人さん編

男性コンビの作品を、男性声優さんの声の視点から語っていこう、と言う記事で石川界人さんを取り上げた際『いつか『あなたの〇〇はどこから』で石川さんも取り上げようと思います』的なことを書いたような気がする。

 

でもすっかり忘れていて、結果、ずいぶんと実現するのが遅くなってしまいました。

はい。

 

と言うことで、私の石川さん歴は、初主演を演じられた『翠星のガルガンティア』のレドからです!

この番組の宣伝のために行われたニコ生配信番組で、めちゃめちゃ緊張されていて、エイミー役の金元寿子さんにやさしくリードされていたのを知っている古参ファンです!

 

以上!解散!

 

はい。勢いのまま書きなぐってみました。あとなんか『古参ファン』と言う、日常会話では決して使わない感じの言葉を使ってみたかったので使ってみました。

 

そんなこんなで特定の声優さんをピックアップして、その声優さんを初めて知った作品やキャラクター、更にはその声優さんを強烈に意識した作品やキャラクターなどについて、ひとりで勝手に盛り上がるこのシリーズ。

 

とは言っても、先に書いたとおり、初めて知ったキャラクターは石川さんの出世作ともいえる『翠星のガルガンティア』のレドです、で終了してしまうそうなので。

 

梅原裕一郎さんの時と同じく、個人的に印象深いCV石川界人さんキャラ、順不同で3人選んで、それについてやんややんやと語ってまいります。はーい。

 

てなことでまず真っ先に浮かんできたのがこちらの作品の、こちらのキャラクターでございます!『テラフォーマーズ』のマルコスっ!

いやぁ・・・『テラフォマーズ』な。ほんと、アニメ化発表の時も、その後、各キャラクターを演じられる声優さんが発表された時も、それはそれはもう、歓喜歓喜、ひとてり小躍りするくらいに歓喜していたのですがね・・・ねー(遠い目)

肝心のアニメの出来が『どうしてこうなった』の一言で・・・『●』で語られてしまうアニメになったのは、ほんと・・・いや、まぁ、そりゃ、残虐表現にあたるんでしょうね、あのゴキブリが人間の首をかっさらっていくシーンとかは。

なので直接的に描くのは難しかったんだろうと言う制作側の苦心は伝わってきたですが、だからって・・・あれは、さすがになぁ・・・うーむ・・・。

 

とまぁ、アニメの出来は残念だったのですが、ただ声優さんの熱演は素晴らしかった。そして個人的にはアシダカ軍曹(ゴキブリをも捕食するアシダカグモですね)をベースにしているマルコスは、原作を読んでいた時から大好きなキャラクターで。

 

だって蜘蛛だぜ!(熱)

 

そのマルコスを石川さんが演じられると知った時は、もうそりゃ楽しみしかなくて、実際にアニメでその演技を見たら、ただただ感謝感激しかありませんでしたよ、ええ。

 

どこか軽薄さがありつつ、また一度、火がついてしまうと後先考えることができない、そう言う短絡的な一面も持ち合わせている一方で、優れた戦闘力と強い責任感、そして熱い気持ちを持ち合わせている、と言うのがマルコスのキャラクターです。

 

いやぁ・・・ほーんと、石川さんのマルコス、良かった。原作通りの声でした。ちょっとちゃらいところ、そして子供っぽい短絡さもありつつ、だけどひときわ、熱い感情をぶちまける演技なんか、もう最高オブ最高。

原作のある作品で、自分の好きなキャラクターを自分の好きな声優さんが『もはや完璧っ(感涙)』としか言いようがない演技で表現して下さるのが、これほどまでに嬉しく、幸せなことなのかと感じた、その代表例として私の中では挙げたくなるくらいです。

 

ちなみに。もはや有名なお話ではありますが。このマルコスを演じている際に、幼馴染であったシーラ(CVは茅野愛衣さん)がゴキブリ・・・もといテラフォーマーに殺害され、激高。戦闘中、テラフォーマーの首をもぎ取った際に叫ぶシーンで、実際に酸欠寸前となりブラックアウトしてしまったと言うエピソードも、ほんと好き。

なんかほんと、マルコスファンとしてはただただありがとう、と言う気持ちしかわいてこない(五体投地)

 

なんでしょ。石川さんと言えば、どちらかと言えば優等生すぎるくらいに優等生、それ故、どうしようもなく頑なで頑固者で融通が利かない、みたいなキャラクターを演じられることが多いと思うんです。うん。

 

でも一方で、マルコスとか、あと『ジョジョの奇妙な冒険』の5部で登場したサーレーみたいな、ちょっとガラの悪い、ヤンキー系のキャラクターの演技と言うのも、めちゃくちゃはまるんだよなぁ。こー、キャラクターの抱えている暴力的な熱量を、あますことなく演技で表現して下さる、そんな気がします。うん。

あと普段はそうは感じないんですけれど、こういう役を演じられると、あの硬質のお声に独特のざらつきみたいなものが感じられて、それがまた、こうした役のガラの悪さにマッチしていて。

こう言うところは、ほんと、さすが石川さんだなぁ、と思うのであります。

 

そしてお次は・・・『魔法少女 俺』の魔法少女オレ役です!

またマニアックな役出してきたなぁ、と自分でも思うんですけど。でもこの役もまた、石川さんの演技力を堪能できる役のひとつだと思うんです。

 

簡単に説明するとこの作品、卯野さきちゃんと言う少女が魔法少女に変身する、そして妖魔を倒すと言う作品なんですが・・・その卯野さきちゃんを演じているのが大橋彩香さんで、可憐な少女の姿そのまんまなのです。ええ。

なのに『魔法少女』って言ってるのに変身後の姿は、筋骨隆々の青年の姿と言う(笑)。でも心はCV大橋さんの卯野さきちゃんのまんま、体が青年の姿だから声も石川さんになる、と言うのがこの作品の肝で。
ちなみにさきちゃんの相方は、変身前がCV三澤紗千香さん。なのに変身後はCV羽多野渉さんと言う、これまたとんでもない変貌っぷり(笑)

 

つまり魔法少女俺役の石川さんは、『さきちゃんである大橋さんが喋っているような感じで喋らなきゃならない。でも体は屈強なわけだから、その辺りの声のごつさみたいなものも出さなきゃいけない』と言う演技を求められていたわけなのです。

 

で、実際。『心はCV大橋彩香!でも肉体はCV石川界人!』の演技、これがまぁ、素晴らしかった。石川さんのあの硬質な、端正な正統派のイケメンボイスで繰り広げられるCV大橋さんキャラの可愛らしさや可憐さ、乙女心の表現、演技、もう最高でしたよ。

またあの硬質なお声だからこそ、『どうてこうなった』的な葛藤や迷い、嘆きなんかの表現もめちゃめちゃはまっていて、もともと作品自体が百合なのかBLなのかもはや意味がわかんない、吹っ切れたコメディ作品(だと私は思っている)と言うのもあるのですが、そこに輪をかけるような石川さん(勿論、羽多野さんも)の熱演。

 

いやほんと内容的にはぶっ飛び異色の作品だとは思うのですが、声優さんの演技と言う点からみるとこの作品、本当に面白く、また興味深く。ちょっとなかなか見られないような演技が見られた、そんな作品だと思うんだよなぁ。

なのでこちらの作品、こちらの役を挙げさせていただきました。

 

そしてラストは・・・迷いに迷ったのですが『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の主人公、梓川咲太を挙げたいです!

 

ちなみにラストひとりで挙げたい、と迷ったのは『波よ聞いてくれ』の甲本龍丞、『2.43 清陰高校男子バレー部』の三村統です。こー、端的に言えば主役ではなく、主役を取り囲むような役ですね。

そう言う役を演じられても、実に自然。その場の空気を自分のキャラクター色に染めつつ、だけどいかにも『途中から登場してきました!』と言うようなわざとらしさがない、と言うところを書きたいな、とか思ったのですが。

 

が、ウィキペディアで調べていて『あー、この作品での演技も、本当に胸打たれたなぁ』と素直に思い出されたのが通称『青ブタ』の咲太なのであります。

この作品、石川さんの演技は勿論なんですが、個性豊かなヒロインたちを演じる声優さん、瀬戸麻沙美さんや久保ユリカさん、種﨑敦美さん、水瀬いのりさん、東山奈央さんの演技も本当に素晴らしくて、何と言うか、石川さんVSお当番回のヒロインを担当されている声優さんの演技合戦みたいな魅力もあった作品だったよなぁ、と個人的には思うのですが。

 

いやぁ・・・その中。様々なヒロインに時に振り回され(笑)また時に無自覚にヒロインを振り回し。様々な痛みや苦しみ、葛藤にぶち当たり、それでも少しずつ、人間的な成長を遂げていく主人公、咲太を演じらっしゃった石川さんの演技がね・・・もうね・・・語彙力なくて本当に申し訳ないんですけど、凄かったんだよ。ええ。

 

なんだろ。つくづくほんと、石川さん、演技がうまい。うまいんだけど、そのうまさがいやらしさになっていない、わざとらしさになっていない、キャラクターとして、その演じられているキャラクターとしてものすごく自然になっていると言うのが、もう本当に凄いとしか言いようがないと言うか。うん。

 

で、個人的にはこの咲太の演技の中で最も印象に残っているのが・・・確か3話だったかな?違っていたら申し訳ないのですが、その中で、咲太がCV瀬戸さんの先輩、桜島麻衣に告白するシーンがあるのです。

その時の石川さんの演技と言うのが・・・もうね、本当に、いい意味で鳥肌ものなのです。

何と言うか、ものすごく変な言い方になってしまうと思うのですが、完全に石川さんじゃなくて咲太だった、と言うか。

咲太が全校生徒の前で先輩に告白しているのを、本当に目の当たりに目撃した、そのシーンを見ていてそんな錯覚を抱くくらいの、素晴らしい、凄まじい演技だったのです。

 

なんだろうなぁ・・・。きれいなことをきれいに演技するとか。上手なことを上手に演技するって、勿論、それはそれで大変なことだろうとは推測するのですが、でも、きれいなことを汚く演技してそれでも『きれいだ』と感じさせる演技。あるいは上手なことをそうではないふうに演技してそれでも『上手だ』と感じさせる演技の方が、よほど大変だと、個人的には思うのです。

そしてその大変なことを、まぁこの作品のこのシーンに限った話ではないのですが、石川さんはやってのけられた、と言うか。

なんだろうなぁ・・・いろんなアニメを見てきて、いろんな告白のシーンと言うのも見てきて、どのシーンもそりゃもう、がつん、と胸には来たわけですけど・・・。

この作品のこのシーンの告白と言うのは、なんか、その中でもトップ3に入る、そんな気が今、ふとした。

 

あぁ・・・なんかとても偉そうな言い方になってしまって申し訳ない。

そして改めて、自分の語彙力のなさが恨めしい・・・ぐぬぬぬぬ。

 

まぁ、あの、ほんと。

見たことがないと言う人は見て下さい(土下座)

 

はい。と言うことで本日は、CV石川さんキャラの中でも、特に個人的に印象深いキャラクターを挙げてみました。

あー・・・でもほんと、どのキャラクターも印象に残ってんだよなぁ。

ハイキュー!!』の影山飛雄とか、それこそもう、私なんざが語らなくても、と言うレベルだし。あと『アイドルマスターSideM』のプロデューサーとかも、めちゃくちゃ好きだし、あの硬質な声で柔らかな口調と言うのは、もはや反則ではなかろうか!それから『盾の勇者の成り上がり』の主人公も、王道CV石川さんキャラって感じがして好き。

 

なんかどのキャラクターの(全部の作品、視聴しているわけではありませんが)演技も、声は確かに石川さん!とわかるんだけど、本当にキャラクターの内面をミリ単位で表現されていて、たとえ声は似た感じでも、そこから感じる質感が全く異なっていて。つくづく、巧いよなぁ、と思うのであります。はい。

 

来年でデビューされて10年、その当時19歳くらいだった石川さんも、もう29歳になられるのか・・・かっはー・・・なんか時の流れを感じる。

石川さんのデビュー年と私がアニメ、声優さんにはまり始めたのが同じ2012年だから・・・そうかー・・・そりゃ私も40になるはずだよ、はは。

 

いやいや、でもほんと。順調にキャリアを重ねられてきた石川さんが、次にどんな作品で、どんな役を演じられるのか。本当に楽しみですね。これからのご活躍も期待しております!

 

ではでは。今回の記事はここまでです。

読んで下さりありがとうございました!