私の読書歴を~ネットの海に大放出!

はい。と言うことで連休終了。

本日は末尾に1が付く日なので、タイトル通り、私の読書歴をネットと言う大海に大放出する記事の日です。

前回、やってみて思ったこととしては、想像していた以上に大変だ、という思いです。

でもがんばる。

 

そんな具合で、今回は前回よりもやや冊数多めで行きたいと思います。

あいよっ!

ではでは皆様、よろしければ私の読書歴を楽しんで行って下さいませ~。

 

有栖川有栖『英国庭園の謎』・・・稚気炸裂。国名シリーズ、長編は勿論のこと、短編集のこの遊び心炸裂も、ほんとにいいんだよなぁ~。

 

三島由紀夫『禁色』・・・くらくらするような、嫉妬と悪意、そしてそこからくる、日本ならではの色気の物語。

 

古処誠二『少年達の密室』・・・少年たちの密室は、実は大人たちが閉じ込めるために作り上げたそれだったりもする。

 

久世光彦『陛下』・・・それでも、私はあなたをお慕い申し上げておりました。

 

五條瑛『プラチナ・ビーズ』・・・日本に生まれた、そのありがたさと、その恐怖のようなものを感じさせられた作品。キャラクターも、本当に魅力的なんだよなぁ~。

 

五條瑛『スリーアゲーツ』・・・家族。その存在に、どうして人は、こんなにも、こんなにも縛められ、それでも、救われてしまうんだろうか。

 

宮部みゆき火車』・・・あなたは一体、誰なのですか。ある時代のある問題を切り取った、けれど、どの時代にも燦然と輝く、不朽の名作だと思います。

 

花村萬月『ジャンゴ』・・・血と性と暴力の物語は、また智と生と暴力の物語だったりもする。

 

森茉莉恋人たちの森』・・・耽美とエロスが融合した、類まれなる作品。流石は、大文豪の血をひく作家さんだなぁ。

 

ここから2001年です。

 

・黒武洋『そして粛清の扉を』・・・受賞当時は結構な話題になった記憶があるのですが・・・それほどその波が広がらず・・・。

 

・末弘喜久『塔』・・・当時の感想文としては『あはははははは』と言う一文しか残されていません。何があったのか、どんな物語だったのか(笑)

 

五條瑛『夢の中の魚』・・・夢の中を泳ぐ魚は、誰にも捕まえられない。それは幸福で、でも、とてもさみしく、悲しいことで、だから魚は、ずっと泳ぎ続けるしかない。

 

・花衣沙久羅『蜜柑』・・・和服!年下!そして日本語のエロス!万歳!

 

貫井徳郎『妖奇切断譜』・・・明詞シリーズ、第二弾。どうして私は、こっちから先に読んだのでしょうか。誰か教えてクレメンス。

 

榎田尤利『夏の塩』・・・夏の塩は生きている証。そしてそれを味わうもまた、生きている証。まろやかな、けれど鮮烈な生が存在するBLシリーズ、1作品目。

 

貫井徳郎『鬼流殺生祭』・・・しかしこのシリーズの続編は、もう発表されないのかなぁ・・・地味に待ち続けているのですが。

 

黒田晶メイドインジャパン』・・・話題と言えば本作品もなかなか話題になった気はするのですが・・・それも広がらなかった気が。

 

榎田尤利『プラスティックとふたつのキス』・・・バター飴。うふふ。

 

村上春樹スプートニクの恋人』・・・すいません。あまりに感覚的すぎて、私には良さがわかりませんでした。なんか水を飲んでいるような感覚でしかなかったと言うか。はい。

 

古処誠二『UNKNOWN』・・・日本の空には、今も昔も、そして多分、未来も、色々なものが飛んでいるのだ。

 

古処誠二『未完成』・・・未完成なままに、だけどさも完成したような面をしている国。それが日本と言う国の正体なのだ。

 

榎田尤利『メッセージ』・・・もう永遠に会うことができない、小さな少女からのメッセージが、青年たちに変化を起こす。だけど、とても悲しくて、辛い物語。

 

 ・金城一紀『GO』・・・俺は、韓国人でも、日本人でもない、ただの根無し草だ。くはぁ~、かっこよすぎるだろうよ!

 

馳星周『漂流街』・・・漂流する街。そして、その中でただただ漂流するしかない男と女の、乾いた物語。

 

有栖川有栖『ブラジル蝶の謎』・・・切ないまでの、けれど切なる、市井の人に対する願いに溢れた『蝶々がはばたく』が、本当にこの作者さんらしくて好きです。

 

はい。そんなこんなで今回はここまで。2001年まで来ましたか、と言うか、2001年ってもうほぼ20年前なんだぜ・・・くへぇ・・・恐ろしや。

 

ではでは。今回はこれにて終了。

次回のこのシリーズは21日に投稿予定となっておりますので、よろしければおつきあいくださいませね~。