2014年アニメを振り返ってみる~おすすめも含めて

と言うことで、2012年からのアニメの歴史を振り返ると言うこのシリーズ。第3回目の本日は2014年のアニメを振り返りつつ、その中から私のおすすめ作品をご紹介したいと思います。

 

2014年に放送されていたアニメを見ていくと、まずは『暁のヨナ』ですかね。この作品、本と好きだったなぁ~。下野さん演じるキャラクターが、最後の最後にしか出てこなかったので是非とも2期を、と願い続けて早5年ですか・・・。

 

それから『アカメが斬る』や『悪魔のリドル』『アルドノア・ゼロ』『異能バトルは日常系の中で』『Fate/stay night UBW』 『四月は君の嘘』『それでも世界は美しい』『デイーふらぐ!』『デンキ街の本屋さん』『のうりん』『ノーゲーム・ノーライフ』『ハナヤマタ』『ハマトラ』『幕末Rock』『僕らはみんな可合荘』『まじもじるるも』などなどを視聴していた記憶がありますね。

 

『異能バトルは日常系の中で』は、とにかく、何話かは忘れてしまったけれど、早見沙織さんの、岡本信彦さん演じる主人公に対して思いの丈をぶつけるシーンの演技が圧巻の一言だったのを今でもはっきりと覚えています。凄かった。

 

のうりん』『幕末Rock』の、突き抜けた感じも本と、好きだったなぁ・・・。『のうりん』同様、主演が浅沼晋太郎さんである『生徒会役員共』も放送されていたわけだから、いやぁ、ほんと、アニメって懐が深いわ!(笑)。

 

ってかそうか、この年には『健全ロボダイミダラー』も放送されていたのか!何が健全ロボだ、コノヤロー(笑)。この作品で一躍、脚光を浴びたのが石上静香さんですね。ある意味では、彼女の今の地位と言うか方向性を決定づけた作品のような気も・・・。でも石上さん、本と声のバリエーションが豊富だし、演技が良いんだよなぁ~。

 

と言うことで女性声優さんと言うくくりで見ると、『月刊少女 野崎くん』では小澤亜李さんが、そして『一週間フレンズ』では雨宮天さんが、それぞれ注目を集め、ブレイクを果たされましたね。

 

まじもじるるも』。この作品で一躍、注目を集めた高橋信さん。この作品以降、ほとんどお目にかかることはなく、個人的に『どうされているのかなぁ』とちょっと気になっていたのですが・・・『盾の勇者の成り上がり』で、ポンコツアホで、それ故、どうにもこうにも憎み切れない槍の勇者を演じていらっしゃって、個人的には嬉しかったです(笑)。

 

『世界征服~謀略のズヴィズダー~』はとにかく、久野美咲さんの演技にやられた。ストーリーもほとんど覚えていないけど、とにかく久野さんの演技が最高だった。ってか、久野さんの声と言うか演技、もうたまらん!

 

あと今の続く人気シリーズとしては『ハイキュー!!』や『鬼灯の冷徹』『魔法科高校の劣等生』『結城友奈は勇者である』『SHIROBAKO』『ご注文はうさぎですか?』などが挙げられますし、『Free』2期や『ジョジョ』の3期、『ソードアートオンライン』の2期、『中二病でも恋がしたい』の2期なんかも放送されています。

 

さてさて、そんな2014年の放送作の中から私のおすすめは『スペース☆ダンディ』そして『シドニアの騎士』です。

 

まず『スペース☆ダンディ』です。こちらは分割2クールで放送されています。この作品の最大の特徴は、とにかく様々なクリエイターが、自分の好きなように物語を作り上げている点です。

 

一応のあらすじとしては、宇宙人ハンターのスペース☆ダンディと、その仲間であるポンコツロボットのQT、まぬけでボンクラなベテルギウス星人、ミャウが、新種の宇宙人を求めて宇宙を旅すると言うものなのですが・・・。

 

先にも言ったとおり、とにかく物語の雰囲気も、キャラクターの絵柄も、毎話、毎話を担当したクリエイター陣によって大きく異なっているのです。なので、『スペース☆ダンディ』と言う大きなくくりがあるものの、視聴者は毎話、毎話、まるで違う作品の話を見ているかのような楽しみを味わうことができる、と言うのがこの作品の最大の特徴であり、魅力だと個人的には思っています。

 

スペース☆ダンディ諏訪部順一さんが、ポンコツロボQTは佐武宇綺さんが、そしてミャウは吉野裕行さんがCVを担当していらっしゃいます。そして毎話、毎話、実に豪華なゲストが参加されているのも、この作品の見どころです。

 

ちなみに企画のテーマは『研ぎ澄まされた適当 磨き抜かれたいい加減』とのことで、作品を見るとその意味するところが、これでもかっ!と言わんばかりに感じられる作品です。

 

あ、あとあと。この作品、回ごとに魅力が違うのを利用して(言い方(笑))、再放送時には視聴者からの人気投票と、スタッフ陣によるセレクションが行われています。ここでは、視聴者からの人気投票の結果、そのベスト5を書いておきますので、『2クールもの、全部、視聴するのはだるい』と言う方は、まずはこの5本の内、1本でも良いので見て下さい!

 

第1位・・・20話『ロックンロール★ダンディじゃんよ』

第2位・・・5話『旅は道連れ宇宙は情けじゃんよ』

第3位・・・4話『死んでも死にきれない時もあるじゃんよ』

第4位・・・17話『転校生はダンディじゃんよ』

第5位・・・21話『悲しみのない世界じゃんよ』

 

・・・あぁ、これ。ぶっちゃけ話数だけで見れば連続している第1位の20話と第5位の21話、あるいは第3位の4話と第2位の5話、このセットを見るだけでも、『スペース☆ダンディ』の幅の広さを体感することができる気が。 どう頑張っても、同じ世界で繰り広げられている物語とは思えない(褒め言葉です)。

 

お次の『シドニアの騎士』は、2014年に第1クールが、そして2015年に第2クールが放送されています。

 

ガウナと呼ばれる生命体と戦う人型兵器の衛人。その操縦士訓練生として抜擢された谷風長道を主人公に、彼や彼の仲間などが、ガウナとの激しい戦いを繰り広げながら正規操縦士を目指す、と言うのが簡単なあらすじです。

 

主人公の長道を演じているのは、逢坂良太さんです。この他に、長道に淡い恋心を抱く星白閑に洲崎綾さん、長道にできた最初の友人である科戸瀬イザナに豊崎愛生さん、櫻井孝宏さんや佐倉綾音さん、大原さやかさんなどがキャスティングされています。

 

こちらの作品の魅力として、まず挙げられるのが圧巻の映像美です。3DCGと手書きの組み合わせによって描かれている映像は、迫力がありながらも緻密であり、どこか無機質でありながら、しかし確かな人の息吹を感じさせる。その映像によって描かれる宇宙空間の美しさや壮大さ、敵であるガウナの恐ろしさと、それに立ち向かう長道たちの人としての儚さ、体温、そしてバトルシーンの迫力。それらは、もはや芸術の域に達していると言っても過言ではないほどのレベルであり、画面に見惚れてしまうこと必至なのです。

 

またストーリーも謎が謎を呼ぶ展開で、本当に目が離せません!当然、バトルものですから緊迫感あふれる生と死の現場と言うものも描かれており、特に登場人物の『死』の現場と言うのは、美しい映像で描かれるからこそ、そして声優さんの演技がつくからこそ、ものすごく胸に迫ってくるものがあると言うのも、この作品の見どころだと思います。

 

あと、個人的には、長道の初めての友人になるイザナ役の豊崎さんの演技が・・・たまらんのですわ・・・。ってか、間違いなく、私はこの作品のこの役で、豊崎さんの可愛らしい声以外の声の魅力の虜になったのですわ・・・。ネタバレになるので伏せておきますが、イザナには、実はちょっとした秘密があるのですね、ええ。その秘密の部分をね、豊崎さんが本当絶妙の按配で演じていらっしゃって、たまらんのですわ。

 

ロボットものが好きと言う方は勿論、映像美に見惚れたいと言う方、緊迫感と謎に満ちたストーリーを楽しみたいと言う方には、特におすすめの作品、それが『シドニアの騎士』です。

 

と言うことで、2014年アニメの振り返りとおすすめでした。次回は2015年ですね~。

もしよろしければ、お付き合いください。

ではでは。読んで下りありがとうございました!