tsuzuketainekosanの日記

アニメや声優さん、ゲーム、漫画、小説、お仕事とのことなどなど。好きなことを、好き勝手に、好きなように書いていくだけのブログです!ブログ名の『ねこさん』は愛猫の名前だよ!かわいいよ、ねこさん!

あなたの〇〇はどこから?~浪川大輔さん編

特定の声優さんをおひとり、取り上げさせて頂いて、私がその方を意識するようになった作品やキャラクターなどについて、あれこれと勝手に語るこのシリーズ。

なんだかずいぶんと久しぶりなような気がするのですが・・・まぁ、いろいろ書きたい記事があったのでね。

 

何を書くか。ぱっと思い浮かんでくることもあれば、考えても考えても浮かんでこない時もあるし。あとひとつのネタで数日にわたって記事がアップできる時と言うのもあるので(たとえばアニメの感想とかその最たる例)、何と言うか、もう少しバランスよくいけばいいのになぁ、と思う今日この頃。

 

そんな具合で久しぶりのこのコーナー、本日はこの方、浪川大輔さんをピックアップさせて頂きます!

 

と言うことで浪川さん。

個人的には何と言っても、冬アニメの『無職転生異世界行ったら本気だす~』のルイジェルドでございますよ!

いやぁ~・・・あの、こう言う言い方は良くないのかもしれませんが、語弊を恐れずに言えば、私、あーんまり浪川さんが演じていらっしゃるキャラクターに『かっこいい!』と感じたことがなくて。

それは単純に、キャラクターとしての外見だったり性格だったりが私の好みではなかった、と言うだけの話なのですが。はい。

 

ところがどっこい、ルイジェルドは、もうめちゃめちゃかっこよかった!と言うか、作品自体は2期に続くわけだから、現在進行形でかっこいい!

CV浪川さんキャラで、こんなにも『かっこいい!』と感じたのは、多分、初めてなんじゃなかろうか・・・。
ルイジェルドは、それほど口数の多いキャラクターではないのですが、だからこそとでも言うべきか、浪川さんの低音、ぼそり、と話す感じがめちゃめちゃはまっているんですよ。で、そこにプラスして、子どものこととなると我を、冷静さを失い激昂、残虐な行為を当然とばかりに行ってしまう、その一連の流れの感情の表現と言うのも、ものすごく怖くて、でもそこまで子どもを愛している、と言うか、もはや個人的な妄念ですらあるんだろうな、と言う、そこまでのルイジェルドの思い、過去のことが関わっているのであろうそれを感じさせて、めちゃんこかっこいいんですよ、はい。

そして同時、子どもであるルーデウスとエリスの2人を見守る、と言う保護者的な役割も微かに感じられて、そこもまたいいんですよねぇ~。

と言うわけで、ルイジェルドは、私の中のCV浪川大輔キャラの3本の指に入るキャラクターなわけでございますが・・・。

 

ではでは、果たして私が浪川さんを知ったのは、そして声優として意識するようになったのはどの作品、どのキャラクターかと言うのを、早速、調べるためにウィキペディアのページを開いたのでありますが・・・。

おおっ、さすがは、浪川さんです。子役として活躍されていたこともあって、出演アニメの本数が尋常じゃない。改めて、芸歴が長い方なんだなぁ、と言うのを思い知らされたような気分です。

 

と言うわけで、私としては調べる前までは『アルスラーン戦記』の ナルサスかな、と言う予想があったのですが・・・違ったわ(どーん)

アルスラーン戦記』、その第1期が放送されたのが2015年とのことで・・・まだ3期、待ってるよ!2期が放送されたのが2016年でしょ?ってことは、まだ5年しか経過していないもんね!

『はたらく魔王様!!』の2期発表なんて、8年待ったんだから!

それを思えば、5年なんてまだ全然、序の口だよ!

 

はい。いや、でもほんと、原作も無事、終了したわけだし・・・ぜひとも、最後までアニメ化していただきたいなぁ。

 

と言うわけでこの作品で浪川さんが演じていらっしゃったのは、主人公アルスラーン率いる軍の軍師である、圧倒的な頭脳を持つナルサスでございます。

 

軍師として圧倒的な知力を披露する、そんな頼もしい姿の一方で、毒舌家。更に芸術を愛する人物ではあるものの、残念なことに自らの画才は酷いもの・・・と言うかっこよくも、決して人間離れしたキャラクターではないナルサスと言う男性。その中で個人的には、特に皮肉屋、毒舌家としてのナルサスの表情を演じられていた時の浪川さんの演技が、めちゃくちゃ印象に残っているのであります。

 

あー・・・こうやって書いてたら、またいろいろ思い出してきたよ『アルスラーン戦記』・・・ほんと・・・いつまでも待ってるから、3期、原作最後までアニメ化して。

 

はい。と言うわけで『アルスラーン戦記』ではなかった、となると、一体、どの作品で私は浪川さんの存在を知ったのか、更に調べていくと・・・年代的に見ると、多分、これですな。

と言うわけでゲームが大ヒット、そこからアニメ化された『Persona4 the ANIMATION』ですの主人公、鳴上悠ですな。はい。

で、2012年の『K』の伊佐那社だ。これだ。これで私は声優として浪川さんを強烈に意識したんだ。はいはい。

更にその翌年2013年には『ガッチャマン クラウズ』の此々木丈や『BROTHERS CONFLICT』の朝比奈祈織があって、完全に浪川さんを認知した・・・と言う言い方も変ですが、そうなった次第だ。

2014年には『ハイキュー!!』の及川徹が来て、で、2015年、先に挙げた『アルスラーン戦記』ですよ、と言うわけで・・・おおっ、この流れ、思い出してきたぞ!(笑)

 

と言うわけで個別に見ていくと・・・まず『Persona4』のアニメですが・・・うん・・・見ていた記憶はあるんだけど、私、ゲームもやっていなかったもんだから、ほとんど何が何だかわからなかったんだよなぁ・・・。

 

なのでがっつり、ちゃんと作品としても理解して視聴したと言うのは『K』ですね。

 

常に唐傘を手にして、どこか浮遊感を漂わせながらも、それとは相反する度胸の強さや頭の回転の速さを感じさせる。そんな伊佐那社と言うキャラクターの、なんともつかみどころがない感じの演技、そして小松未可子さん演じるネコ、小野大輔さん演じる夜刀神狗朗とのやり取りは、とても印象に残っているなぁ。

 

で、その後の『BROTHERS CONFLICT』の祈織役は・・・これ、なんか噂だけど、ゲームだとどんでもない病みキャラだって聞いたんですがどうなんですかね?アニメ本編ではそのあたりは描かれず、それどころか祈織の登場自体も、さほど多くはなかったように記憶しているのですが・・・。

それでもぼそっ、ぼそっ、と喋る演技と言うのは、私の中では『これぞ浪川さん!』と言いたくなるような演技のひとつだと勝手に思っているので、そのあたりは今でもはっきりと覚えているなぁ、と。

 

さぁ、そしてやってきました!『ハイキュー!!』の及川徹ですよ!

 

いやぁ~、かっこいいよね!かっこいいんだけど、普段はそうでもないと言うか、むしろみんなのいじられキャラと言うのがまたこれいいんだよなぁ~。

及川さんもまた、過去にいろんなことがあって、いろんな思いを背負っていて、その末に今の及川徹ができあがった。

 

そのあたりも勿論、アニメ化されたわけなんですが、それでも及川さんの場合、その壮絶さと言うのを、何て言えばいいのかなぁ、こー、直接的には感じさせない故のかっこよさ、と言うのもあるんだよなぁ、と私なんかは感じるのであります。

そう言う壮絶さを隠して、あくまでスマートに。でも泥臭く。けれど抜くべきところの力は抜いて。だけど全力で、と言うか。

 

うーん、なかなか表現が難しいなぁ(汗)

 

でも、だからこそ、及川徹はかっこいい。だけど、普段はそうでもない、と言うか、多分、意識してそうでもないようにしている、とでも言えばいいのかな。その力の入れ具合、オンとオフの切り替えの塩梅に、またこれかっこよさを感じずにはいられない。そしてそこにこそ、及川徹の及川徹としてのカリスマ性や魅力は凝縮されているのだと思います。はい。

 

と言うわけでそんな及川のオンとオフの切り替え、普段のおちゃらけた部分やどうにも頼りない部分、みんなにいじられている部分、そして試合中の、あの圧倒的なかっこよそ、強いカリスマ性を浪川さん、本当にかっこよく演じられていたよなぁ~。

 

ハイキュー!!』も原作、無事、終了したことだし・・・早くアニメの続編制作決定のお知らせ、発表されないかしら・・・。

 

はい。そしてここからは、近年の浪川さんが演じられたキャラクターの中で、特に私の印象に強く残っているキャラクターを、ざっと見ていきましょうか。

 

そうだなぁ・・・あぁ、まずは『刀剣乱舞』の大典太光世でございますよ!

もぉー、光世、めっちゃ好き!全刀剣男士の中でもトップ5本の指に入るくらい好き。

三輪士郎さん絵の、あのごつごつした感じもたまらんし、長身隠れ筋肉マンなのも色気の塊だし、目つき悪いのも最高だし、どうみても威圧感満点のオーラはなってるのにネガティブ系なのもかわいすぎるし、短刀ちゃんたちの絡みも最高だし、太刀としては、バランスと言う言葉をどこかに置き去りにしてしまったかのような攻撃特化型と言うのも、めっちゃ好き。

 

なんてったった『活撃 刀剣乱舞』に登場した時には光世、刀じゃなくて素手で、武力で時間遡行軍と戦ってたもんね!

そしてここでもやはり、浪川さんの低音ぼそぼそ喋りが、めちゃめちゃ良い味を味ているんだよなぁ~。ほんと、好き。

 

あとは・・・『体操ザムライ』の荒垣城太郎も良かったですよね!

やっぱり、と言うか、荒垣も及川さん同様、決める時は決める、かっこいい人なのに、普段はどこか抜けている。天然ボケすら感じさせるような人柄と言うのが・・・あれ・・・なんか最高に浪川さんご自身を彷彿とさせるような気が・・・。

 

いや、でも何と言うか、浪川さんが荒垣を、波乱万丈ありながら、それでも『もう一度』の思いを叶えるために、再び体操に、険しい道に向き合うと言う城太郎を演じていらっしゃったからこその、キャラクターの言動への説得力と言うのは、確かにあったんではなかろうか、と私は思うのですが。

 

あとあと。私はまったく触れたことがない作品で、それでもその人気っぷりと言うのは耳目にしたことがある『ヘタリア

その最新作・・・7期!すごっ!7期ですって!ってか1期の放送から既に干支が1周してますよ!そのこと思えばほんと『アルスラーン戦記』の続編も、まだまだ期待しても何の問題もないですね、ははははは!

 

はい。そう、その7期のPVだけ見たんですけど・・・。

いやぁ・・・浪川さん限界マックスギリギリを感じさせる高音ボイスには、ただただプロ根性を見せつけられたような思いです・・・あれは凄い。

 

はい。と言うわけで本日は浪川さんと私の個人的な歴史とを振り返ってまいりました。

私が浪川さんを初めて知ったのは『Persona4』の鳴上悠で、声優として意識するようになったのは『K』の伊佐那社と言う結果でございました!

 

あと浪川さんと言えば、ほんと、配信番組などでの言動のとんちきっぷり、他の声優さんからのいじられっぷりと言うのも、私としては魅力だと勝手に思っています。はい。

まぁ、あの、そう言うのはあんまり好きじゃない、と言う方もいらっしゃるとは思いますが、でもほんと、特に皆さんからのいじられっぷりを見ていると、『あー、浪川さん、ほーんとに愛されてるんだなぁ』と感じることもあったり・・・な、なかったり・・・い、いや、でもほら、見ててとにかく楽しいし、浪川さん自身もまんざらじゃない、と言うような表情をされていることもあるのでね。ふふ。

 

はい。ではでは。本日の記事はここまででございます。

次はどなたを、このシリーズでとりあげようかなぁ~。

読んで下さりありがとうございました!