秋クールアニメ~可愛い子について語ろう

はい。我ながらなんてタイトルだ、と思うのですが、まぁ今更(笑)

 

と言うことで、本日は豊作ぞろいの秋クールアニメの中で印象的な、可愛い女の子キャラについてつらつらと語っていきたいと思います。

 

では早速。まずは可愛い女の子たち勢ぞろいな作品『虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』ですね。もう、見ていてにやにやしちゃう(やだ気持ち悪い(汗))

いや、でも、可愛いだけじゃなくて、今までの『ラブライブ』のシリーズに共通しているような熱さもありつつ、更に個性が際立っていると言うのが、本当に魅力的だと思います。

あとアニメが始まった当初は、侑ちゃんが1話1話で全員を落としていくのかと思ったんですが(笑)、回によっては侑ゃんだけじゃなくて、他の女の子がまっすぐに向き合って、お当番界の主役の女の子の背中をそっと押してあげる、と言う流れもあって、控えめに言って最高です、ありがとうございます!

 

ってなわけで、『虹ヶ咲』のスクールアイドル同好会の女の子。どの子も本当に魅力的なんですけれど、今のところいちばん好きなのは、誰に対しても優しい!現実にもこんなギャルがいてほしいよ!(ってか彼女はそもそもギャルなのか?知らんけど(どーん))な宮下愛ちゃんでございます!

 

いい子だよねぇ~。ほんと。なんだろ。愛さんは、絶対、友達と好きな人が被っていることがわかった場合には、そっと身を引くタイプだと思う。で、もし、その思いを寄せていた男性から告白なんてされようもんなら、笑って『もー、君が見るべきは愛さんじゃなくて、もっと君のことを思っていてくれる人のことだよ』とか笑顔で言いそうな気がする(どんな二次元作品ですか、これは(笑))

いや、まぁ、何の根拠もないアレなんですけど(笑)。それでも自分のことは勿論だけど、自分のことと自分の大切に思っている誰かを天秤にかけた時には、絶対にその誰かのことを心配したり、慮ったりしそうな気がするんだよなぁ。

あと、村上奈津実さんのライブパフォーマンスを見た時、ものすごく胸が切なくなって。多分、すごく緊張されていたんだろうけれど、でもとにかく愛さんとして、楽しく、笑顔でパフォーマンスしよう!と言う気持ちが伝わってくる、緊張感の混ざった、隠しようのない、だけど満面の笑みをずっと浮かべてパフォーマンスされていたのが、も本当に愛しくて切なくて、素晴らしいなぁ、となんだか泣きそうなった思い出があるのも、愛さんが好きな理由の一つです。

 

いや、でも『虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』のアイドルたちは、ほんと、今までの『ラブライブ』に登場するアイドルたちとは、ちょっと一線を画しているような気がして、みんな好きです。なんだろうなぁ。こー、とても親近感が持てると言うか。親近感・・・うーん、なかなか適切な言葉が浮かばないんですが、ほんと、なんか妙なリアルさがあるような気がして、すごく身近な存在に感じられます。でも、あたりまえだけど、こんなに熱くてこんなにやさしくて、こんなにピュアな女の子は周囲にはいないから(ちーん)同時、私にとっては憧れの存在でもあると言いますか。はい。

 

はい。続いては『魔王城でおやすみ』から、安眠快眠のためなら猛烈アグレッシブなスヤリス姫でございます。

いや・・・もう、本当に可愛いよね。安眠快眠のためになら、悪魔のような所業にすら手を染める(笑)その罪深さもまるで嘘のような、あの眠りに落ちるときの、そして幸せな眠りについている時のあの表情ったら、ほんと、もう、言葉を失うわ(でーん)

また水瀬いのりさんの演技もいいんだよなぁ。普段の、あの声を張らない感じで、だけど粛々と、淡々と眠りのためにあらゆる所業に手を染めていく時の演技と、眠りに落ちていく時の『すやぁ』と言う至福そのものを表現しているような演技のギャップと言うのが、見ていて本当におかしいし、胸がキュンキュンするような可愛さに満ちている、と思うのであります。

 

安眠快眠って、ほんと、最高だよね!この点に関してはスヤリス姫とは仲良くなれそうです。特にこれからの寒さが厳しくなる季節は、もうなーんにもせずに、1日、ぬくぬくのお布団の中でごろりごろりとしていたいですよね~。

あ、勿論、入院とかは嫌ですよ。あくまで体も心も健康な状態で、での話です。

 

あと『魔王城でおやすみ』に関しては、そんな可愛らしいスヤリス姫の言動に、男性キャラクターが良いように翻弄されているのも、本当に可愛いのです。なんだろう、ここで感じる萌えと言うのは、また恋愛関係のそれに感じるとのは違う感覚があるんだよなぁ。うん。と言うわけで『魔王城でおやすみ』はみんな可愛い(どーん)

 

続いては『無能なナナ』の柊ナナでございます。

 

か、可愛いか?(でーん)

 

自分で出しておいて、さすがに彼女のことは、外面はともかくとしてそれ以外の面を手放しで『可愛い!』と言うのはどうなのだろう、と言う気も拭えないことはないのですが、まぁ、はい(笑)

 

いや、でもなんと言うのか、可愛いのは可愛い(どーん)。さすがは腹黒ピンク声優、大久保瑠美さん!とでも言うべきか。何にも知らないクラスメイトの立場になってみたら、あの人畜無害、ちょっとおまぬけそうなキャラクターと言うのは、あの見た目も含めてめちゃめちゃ可愛いと思う。うむ。

 

ただその一方で、彼女には切実さがあって、そこがまたある種の可愛らしさを醸し出しているようにも思えるのです。なぜ、彼女があそこまでしてあのような行動に至っているのか、それはまだアニメ本編では詳細に語られていません。ですがネタバレを踏み、その理由を知っている私としては(笑)、ただただ命じられるがままに、そして自分の過去からくる憎しみからら、それだけで次々とクラスメイト、彼女にとってはそんな言葉に値しないような存在なのかもしれませんが、の命を奪っていく姿と言うのは、本当に切ないと言うか、悲しいと言うか。

そうした切なさ、悲しさを抱えながら、だけどクラスメイトの前で必死に演技をしているナナの姿と言うのは、語弊はあるかもしれませんが、ある種の可愛らしさを含んでいるようにも、私には思えるのです。はい。

 

いやー、しかしこの作品。ほんと、初期の予想とはずいぶんと違った展開で面白いです。特にナナとキョウヤの緊迫感ある、スピーディーな頭脳戦なんかは、ミステリ小説の謎解き部分を読んでいる時のような興奮すら覚えます!

 

そして『魔女の旅々』のイレイナも可愛い。可愛いってか、冒頭でイレイナが自分のことを語る、あのくだりの演技がたまらなく好きです。自分に対する確固たる自信のようなものが、しっかりと、でもそれとなく滲んでいる本渡楓さんのイレイナとしての語り口調は、毎回、聞いていて『うふふ』ってなっちゃいます。

なんだろうなぁ、本当なら腹が立ってもいいところなんだろうけれど(笑)。そこが腹が立たない、腹が立ちそうにもならないと言うのが、本渡さんの声や演技の可愛らしさなのかもしれない、と思ったり。

『魔女の旅々』は、毎回、少しずつテイストの違うお話が放送されていて楽しいなぁ、なんだか得したような気分だなぁ、と思っているのですが。

個人的には幸せ、コメディなお話も好きなんですが・・・『遡る嘆き』は、もう、ほんと、こういう話、好き。ほんと好き(どーん)

 

と言うわけでせっかくだ。そのほかの作品の可愛らしい、実に魅力的な女の子たちについても、ちょこちょこと語っていきましょうかね。

 

まずは『呪術廻戦』、野薔薇ちゃんは勿論のこと、禪院姉妹に三輪ちゃんとか、もう、かっこいいのにかわいい女の子がたくさんで、うはうはですな(どーん)。声優さんの演技も文句なし、個人的には三輪ちゃんに赤﨑千夏さんをあてた人に、袖の下を渡したい。可愛さが、ますますもってかわいく、でもとても嫌みのない可愛らしさになってるよなぁ、赤﨑さんの演技と声で。

 

それから『アクダマドライブ』からは主人公ちゃんです。人畜無害の一般人と言う役を、見事に黒沢ともよさんが演じられているわけですが・・・どうも、そのままでは済みそうにない雰囲気が、回を重ねるごとに強くなってきているような気がしますな・・・『詐欺師』を名乗った以上、もしかしたらここから、一世一代の詐欺芝居、他の『アクダマ』たち、そして世界そのものを騙すような芝居を打ったりするのかなぁ、と思ったりしているのですが、はてさて。でも『人畜無害の一般人』と言う普通さを、普通に可愛らしく演じている黒沢さんの演技力には脱帽です。だからこそ、ここにきての彼女の覚悟の座った姿と言うのも、非常に見ているこちらの胸に迫ってくるものがあると言うか。

 

安達としまむら』は、可愛い女の子しか出てこないんだけど、それぞれの可愛らしさの中に、あの年代特有の毒や驚くくらいの諦念や冷たさみたいなのが滲んでいるのがたまらないんですよねぇ~。この作品に関しては、男性と女性で、感じるものが大きく変わってくるだろうなぁ、と思うんですがいかがですかね?とりあえず安達としまむらの関係も気になるんですが、脇カプ好きの私としては、日野と永藤の関係がもう、きゅんきゅんきちゃっております。

 

はい。と言うことで今回は、秋クールの中の可愛い女の子、について語ってまいりましたがいかがだったでしょうか?

 

可愛いだけじゃなく、『同性から見ても惚れちゃういい女!』としては『池袋ウエストゲートパーク』のマコトのお母さんとか(シングルマザーの回は、冗談抜きにして泣いた)『GREAT PRETENDER』のドロシーとかを挙げたいですね!

 

と言うわけで秋アニメも2クールものを除けば、いよいよ佳境へと突入していくわけで、その物語の展開も、そして可愛い、かっこいい女の子、女性キャラの活躍も、本当に楽しみでございます!

 

ではでは。今回はこの辺で。

読んで下さりありがとうございました!