tsuzuketainekosanの日記

アニメや声優さん、ゲーム、漫画、小説、お仕事とのことなどなど。好きなことを、好き勝手に、好きなように書いていくだけのブログです!ブログ名の『ねこさん』は愛猫の名前だよ!かわいいよ、ねこさん!

あなたの〇〇はどこから?~内山昂輝さん編

てな具合で本日は、前回、記事にするはずだったこの方を取り上げて『あなたの〇〇はどこから?』をお送りしたいと思います。

 

その方と言うのは、内山昂輝さんでございます!(拍手)

 

はーい。と言うわけで、ではでは早速、私にとって初めての内山さんはどの作品喉のキャラクターだったか。そしてどのキャラクターで内山さんを声優さんとして強烈に意識したかなどをつらつらと書いていきたいと思います。

 

ちなみに。前回振り返ってみたとおり、様々な声優さんをこれまで、このシリーズでは取り上げさせて頂きましたが、内山さんは初!生で実際にお会いしたことがある声優さんでございます!

 

2018年ですか。開催されたMBSアニメフェス、その中の『ハイキュー!!』で、内山さんは斉藤壮馬さんと参加されていらっしゃったのであります。

前にも書きましたが、内山さん。

最後の最後、舞台から下がって行かれる時に方向を間違えられまして。それで会場がわっ、とわいたんですね。

その時、内山さん、一瞬、苦笑いのような表情を見せられたんですけど、その後には何事もなかったかのように舞台からはけていかれました。

なんかその姿と言うのが、私の中では『あー、めっちゃ内山さんっぽい』と勝手に思わせるお姿であったことを、ここにご報告しておきます(でーん)

 

はい。ってなわけで、まずは私が初めて見た、聞いたCV内山さんのキャラクターですが・・・世間的には『ソウルイーター』や『屍鬼』『IS』の主役で内山さんを知ったよ、と言う方も多いのかもしれないなぁ、と言う気がするのですが。

 

私の中ではですね。『絶対にあの作品の、あのキャラクターだよな』と言う確信がありまして。で、実際に調べてみたらやっぱりそうだったよ!と言う作品とキャラ名がこちらでございます!

 

ギルティクラウン』のダリル・ヤンです!はい。

 

ただですね。ここからが何とも笑えると言うかなんと言うか何ですが。

この『ギルティクラウン』と言う作品は2クール作品でして。で、当時、『ファイナルファンタジー零式』で数々の声優さんを知り、その声優さんが出演されているアニメも見てみようと思い立った私は、梶裕貴さんや花澤香菜さんなどが出演されているから、と言う理由だけで、『ギルティクラウン』の2クール目の途中から見る、と言う無謀な行動に出たのであります(笑)

が、勿論、当然、話の筋はほとんどわからないままだし(だろうな)、でも絵はきれいだし、シリアス度の高いストーリーは、意味とか流れはわからないけど好みだったし、梶さんや花澤さん、そしてそれ以外の声優さんの演技にも魅了されて最終回まで見たのですね。

で、多分、最終回だったと思うのですが。ここで、なんか大人に助けられていた少年の表情とか声とかがずっと印象に残っていて。なんかこー、エレベーター?に押し込まれて、その扉が閉まって行って大人と離れ離れになる、みたいなシーン。そこがめちゃめちゃ印象に残っていて。

それが、のちに調べたところ内山さん演じるダリル・ヤンだったと言うわけでございます。てかぶっちゃけ『ギルティクラウン』で明らかにはっきりと覚えているのは、このシーンくらいです・・・仕方ないよね!

 

ってか『ファイナルファンタジー零式』で言えば、内山さんも登場されているんですよね。ねー。うん。ただあの登場の仕方や、内山さん演じるキャラクターの正体と言うのも、なかなか謎深いんですけど・・・どうなんでしょ?私が知らないだけで、実は別作品とかで解説されていたりするんでしょうか。

 

で、私が本格的にアニメや声優さんにはまりだした2012年になると、『つり球』や『絶園のテンペスト』『貧乏神がっ!』と言った作品に内山さんも出演されていらっしゃいます。個人的には『つり球』の宇佐美夏樹役が印象深いかなぁ。どこかぶっきらぼうで、一見するとクールな印象を与えがちな少年と言うのは、内山さんが多く演じられているキャラクターのような気がします。

ちなみに『つり球』に関しては、番組ラジオも聞いていた記憶があるのですが・・・なんかその時の内山さんの印象は『怖そうな人だなぁ』と言う感じだったのですが(笑)。

 

で2013年には『神様のいない日曜日』や『RDG レッドデータガール』と言った作品で内山さんの演技を耳に、目にする機会があったわけなのですが・・・やっぱり『声優・内山昂輝』を個人的に強く意識した作品、キャラクターとなると、翌年2014年の『ニセコイ』の一条楽ですかね。

 

と言うか。2014年には『ハイキュー!!』のアニメもスタートしており、月島蛍も私の中では『声優・内山昂輝』の存在を、それはそれは強烈に意識づけた作品、キャラクターなのであります。で、果たしてどちらの方が先に放送されたのかしら、と調べてみたところ、『ニセコイ』は2014年の冬クール放送開始で、『ハイキュー!!』は2014年の春クールからの放送でしたので、触れた時期としては『ニセコイ』の方が早かったと言うことですね。

 

ですが!やはりここは、内山さんが演じられた代表的なキャラクターとして挙げられることも多い、この2人のキャラクターについて語っておきたい!

 

ってなことで、まずは『ニセコイ』の一条楽ですが・・・内山さんが演じられるキャラクターの中でも、楽は珍しいタイプのキャラクターだと私は思うのですが。明るく面倒見が良い一方で、ちょっと間の抜けたところもあって、個性豊かなヒロインたちに振り回される主人公。どちらかと言えば内山さんは、クール、どこか影を背負っているような、一筋縄ではいかないようなキャラクターを演じられることが多いように思うのです。だから楽は珍しいと思うわけなのですが、いやいや、しかしだからこそ、改めて『声優・内山昂輝』の演技の幅の広さのようなものも、私は『ニセコイ』の演技からは感じるのであります。

 

そしてそして、だからこそ、その後の春クールから放送が始まった『ハイキュー!!』の月山の演技には、当時、あまり内山さんを知らなかった、そして意識していなかった私は『え!?内山さんって『ニセコイ』で楽を演じていた人だよね!?』ととても驚いたのであります。

 

いやぁ・・・月山、本当に内山さんの『これぞ内山さんだ!』と言うような演技が凝縮されているようなキャラクターで、ほーんと、良いですよねぇ・・・。『ハイキュー!!』に関しては、どのキャラクターにもちゃんと見せ場があって、そしてどの声優さんの演技も本当に胸にグッとくることが多いのですが。

その中でも特に月山に関しては、初期の頃から変化がとても大きいキャラクターで。で、そのひとつひとつの変化を、月山だからクールに、でも内に芽生えた衝動とか感情をむき出しにするように熱く表現される内山さんの演技には、本当に胸が熱くなるのです。かっこいいよなぁ・・・。

 

で、この2作品、2キャラクターをきっかけにして、これ以降、内山さんが出演されているから、と言う理由で様々な作品も見ているのですが・・・たとえば2015年の『Charlotte』の乙坂有宇、『デス・パレート』のクラヴィス、あと『SHOW BY ROCK!!』のアイオーンとか、めちゃめちゃ印象に残ってるなぁ~。

個人的には『SHOW BY ROCK!!』のアイオーンはおススメです!彼が所属している『シンガンクリムゾンズ』と言うバンドは、他に谷山紀章さん、柿原徹也さん、細谷佳正さんが演じていらっしゃるのですが、もう、ほんと、ヤンチャ系ヴィジュアルバンドと言うか、本当に愛すべきおバカボーイズ勢ぞろいで、本当に面白いのです。ちなみに内山さんが演じられているアイオーンは、メンバー1の長身で美形なのですが、ニートでポーズをつけないとうまく喋れないと言う、なかなか残念なイケメンです(笑)。内山さんの演技も、めちゃめちゃ面白いんですよ!

 

おおっ!そして2016年には『僕のヒーローアカデミア』での死柄木弔と『ユーリ!!! on ICE』のユーリが来ていますね!あー、これまたどちらも印象深いなぁ~。死柄木の、あの、もう地の底から這いあがってきて聞いている人の体を縛めるような、暗い、暗い、情念すら感じさせるような憎しみの込められた声、演技ってのは内山さんならではだよなぁ。『ユーリ!!! on ICE』に関しては、最近、劇場版の制作が鋭意、続行中であることがアナウンスされましたね。ありがたや、ありがたや・・・いいよMAPPA、いつまでも待ってるから(どーん)

 

ああっ!あとあと!

個人的には『Free!!-Dive to the future-』の桐嶋郁弥もめちゃめちゃ印象深くて語りたいんですが、同年2018年から2019年にかけて2クールで放送された『風が強く吹いている』での神童役!

これもめちゃめちゃ良かったんだよなぁ~。この作品もまた、本当にどの声優さんの演技も熱く、小説を読んだ人間としては、どの声優さんもそれぞれのキャラクターにぴったりで。

その中でも内山さん演じられている神童こと杉山高志は、温厚で穏やかな性格の青年で、またとても責任感の強い人物でもあります。そんな彼の、その責任感の強さと言うものが思わぬ形で出てしまった物語の展開、そこでの内山さんの演技と言うのは、もうほんと、胸に来るんだ・・・。

 

そして『鬼滅の刃』では内山さんは累を演じていらっしゃいましたが・・・あー、ほんと、何と言うか、あの冷酷そのものが口を持ち言葉を発しているかのような冷たい、冷たい声音、演技ってのは、本当に凄いよなぁ、と。ほんと、怖いもんなー。

でもだからこそ、累が最期に上げる慟哭の声と言うのがね・・・もう、あの慟哭の声ってのが、本当に何だろ、泣き方を知らない幼子が、はじめて、ただただ感情のままに泣き声を上げた、と言う感じのそれで、それまでの累の姿があるからこそ、なおのこと、胸にくる慟哭なんだよなぁ・・・。

 

秋クールでは『池袋ウエストゲートパーク』で安藤タカシ、『呪術廻戦』で狗巻棘で内山さんの声、演技を目に、耳にしているのですが・・・いやぁ、どちらも本当に良いよなぁ・・・かっこいいんだよなぁ・・・。

 

内山さんの声って、静だと思うんです。静謐。ただだからこそ、影のある役や、暗い妄念、執念、怒り、憎しみ、虚しさを抱えている役を演じられた時に、冷たい迫力を感じると言うか。そしてその逆、温かみのある役や、穏やかな役、ちょっとコメディチックな役をやられた時には、ほわほわした柔らかい温かさが伝わってくると言うか。なんと言うか、語弊を恐れずに言えば、役を演じられるうえでとても良い土台となるお声だと、私は勝手に思うのであります。はい。いや、ほんと、お前何様だよって感じの意見で申し訳ないのですが。はい。

 

2021年には『ホリミヤ』や『すばらしきこのせかい』への出演が決まっている内山さんの、これからのご活躍も本当に楽しみでございます!

 

と言うわけで、本日の記事のまとめとしましては、私が初めて知った内山さんのキャラクターは『ギルティクラウン』のダリル・ヤンでした。そして声優さんとして、内山さんを強く意識したのは『ニセコイ』の一条楽・・・と、そこからちょっとだけ遅れること(笑)『ハイキュー!!』の月島蛍と言うことでございました!

 

ではでは。今回の記事はここまででございます。

次回はどの声優さんについて語ろうかなぁ~。

よろしければまたお付き合いくださいね!

本日も読んで下さりありがとうございました!