あなたの○○はどこから?~花江夏樹さん編

はい。と言うことで特定の声優さんと私との歴史を振り返るこのシリーズ。

本日は今、最も波に乗っている声優さんのひとりと言っても過言ではないでしょう!

個人的には安元洋貴さんのラジオで石川界人さんがおっしゃっていた『声優と言うより、もはやマルチタレントの域に達している』と言う言葉に深く、深く頷けるほどの活躍を見せているこの方、花江夏樹さんでございます!

 

花江さんと言えば!

先日、奥様との間に双子の女の子ちゃんが誕生したと言うことを発表され、大きな話題となりましたね。

いやぁ、めでたい!

何だろ、ご結婚を発表された時に、ご自分は早くに家族を亡くしてしまったこと、だから家族を築くことにものすごく憧れがあったことを明かされていて。そんな花江さんと奥様のところに双子ちゃんがやってきた、と言うのが、なんかもう、勿論、偶然以外の何ものでもないんだけれど、それでも、なんかめちゃめちゃ運命のようなものを、勝手に、私は感じてしまいました!

 

直近で言えば『声優・花江夏樹』の名を世に知らしめた作品、『鬼滅の刃』の劇場版の公開まで、1ヶ月を切りましたね。

うーん、本当に、待たされた時間も長いから、楽しみだ!

劇場で検索してみたら、私が唯一、どうにかして行けないこともない映画館でも公開されるようだから、どうにかして見に行きたいなぁ。

あとはアレだ。あの人のCVがいつ、発表されるのか。発表しないままなのか、それとも、本当に公開直前になっての発表になるのか・・・いずれにしてもわくわく、どきどきですな。

 

それから秋アニメで言えば、『池袋ウエストゲートパーク』や『神様になった日』と言った話題作への出演も決定していますね。

中でも『神様になった日』は佐倉綾音さんとのダブル主人公的な役だし、本当にハートフルで、コメディ要素もありつつ、でも胸が温かくなるような、それでいて切なくなるような物語の展開が期待できそうな作品なので、その中で花江さんのどんな演技が見られるのか。今から本当に楽しみです。

更に更にウィキペディアで調べてみたら、既に2021年出演予定の作品が2本、決定している、と言うのも強いですな。『スケートリーディング☆スターズ』と『怪物事変』と言う、どちらも話題作ですから、それも首を長くして待ちたい今日この頃でございます。

 

また花江さんと言えば、声優としてだけではなくYouTuberとしても大活躍されている、と言うのもおさえておかなくてはならないポイントですよね。

本日の時点でチャンネル登録数は169万人!2018年の12月からこれまでにアップされた動画の本数は374本。

 

いや・・・花江さん、超売れっ子ですよね。声優としては勿論だけど、ほぼほぼ毎日、早朝の生放送番組に出演されていますよね・・・?おまけにそこから声優として、作品の収録とかインタビュー受けたりとかしてらっしゃるはずですよね・・・?

い・・・一体、どうやって動画撮影、編集、アップの時間を捻出しているのか・・・私は不思議でなりませんよ・・・。

 

いや、勿論、全部を全部、花江さんおひとりでやられている、と言うことはないと思うんですが・・・それでも、いや、すごいわ。

動画アップのペースを見てみても、基本月水金、と書かれてあるように、ほぼほぼ1日2日おきにアップされているのは、これ、本と、素晴らしいことだと思う。

今や声優さんがYouTuberとして活躍されているのは珍しいことではなく、個人的には、動画をアップする頻度やタイミングと言うのは、その声優さん個人によって違っていて、全然、問題はないと思うのです。はい。

ただやっぱり、更新頻度が高ければ高いほど見る側としては嬉しいですし、飽きが来ない。それに『花江さん、こんな動画挙げたって!』『今度のゲストはあの人だって!』と話題にもなりやすいですよね。

うーん、チャンネル登録数169万人の理由も頷けますわ・・・しかしほんと・・・どうやって時間、捻出しているんだろう・・・あと本と、花江さん、寝てる?(どーん)

いやでも、まさしく八面六臂の活躍を見せていらっしゃるのに、体調不良で仕事をお休みされた、と言うような話を、少なくとも私は耳にしたことが無いと言うのは、ご本人は勿論のこと、奥様の努力も素晴らしいんだろうな、と思ったりします。はい。

 

と言うわけで、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが。

大活躍の花江さんを、私が初めて知った作品と言うのを早速、調べてみましたらですね・・・あぁ、やっぱりそうだったか。予想していた通りの作品で、それが『TARI TARI』でございます。

この作品で花江さんはメインキャラクターのひとり、ウィーンがもはや本名!な前田淳博役を演じていらっしゃいました。成程、この作品が、この役が、花江さんの初のテレビアニメレギュラーとのことです。

 

ただ個人的には、やはり翌年、2013年の『断裁分離のクライムエッジ』の主役、灰村切の印象が強いと言うか、この作品のこの役で、私は『声優・花江夏樹』を意識した、と認識しております。はい。

可愛らしさもありつつ、でも、どうしようもない髪を切りたいフェチで(笑)。で、最初は戦いを嫌っていたけれど、じょじょに好戦的な面が顔を覗かせていく、と言う役どころで。

花江さんのあの柔らかく、そして役としてちょっとなよっ、とした感じがある演技で語られる、髪切りに対する強い執着心と言うのは、なかなかパンチがあったよなぁ~。

で、この年は振り返ってみると『凪のあすから』『アウトブレイク・カンパニー』『ダイヤのA』と花江さんの出世作と言えるような作品、役が続々と世に話された年でもあるんですよね。うん。

私としてはやはり『凪のあすから』の先島光役が、作品の印象も深い分、とても印象に残っている役どころであります。口が悪く短気だけれど、世話焼きで、でも自分の恋心に対しては素直になることができない。そんな等身大の少年を、花江さんは瑞々しく演じていらっしゃったなぁ、と言うふうに記憶しています。

 

ってか、もう繰り返し言うけど。

本と『凪のあすから』、最高だから、見てない人は今すぐ見て。

矢印の方向がてんでバラバラの恋愛模様、最高だから!

綺麗な絵柄で描かれる、底の方はドロっドロの恋愛ドラマ、最高だから!

 

はい。花江さんと言えば、個人的にはThe主人公!と言えるような、ちょっとやんちゃでひねくれた部分もあるけれど、でも優しく、心には熱い思いがある、と言うような少年役が多いような気がするのですが、一方でクールで、他人から見ると『ちょっとこの人、何考えてるのかわからないよなぁ』と言うような、不気味さすら漂わせている、天才理知的故にマイペースが過ぎる人物を演じられても、良いよなぁ、巧いよなぁ、と思うのであります。

またそれと同時、そのやわらかで、優しい声質を活かした、ちょっと気弱で、常に周囲の視線を気にしながら、ともすればそれらに怯えながら生きている人物を演じられることも多いなあ、とも思うのですが。

 

2014年、出演された『アルドノア・ゼロ』と『東京喰種トーキョーグール』で演じられていた界塚伊奈帆と金木研と言う役は、まさしくThe主役!ではない、花江さんの声優としての新たな一面を見ることができた作品、役だったように私は思います。

特に『アルドノア・ゼロ』に関しては、対となる主人公・スレインを演じられた小野賢章さんとの演技の対比と言うのも、本当に見応えがあったなぁ。

金木研に関しては、その後、原作の最後まで演じられたと言うのもあって、花江さんが演じられた代表的なキャラクターとして挙げられる方も多いのではないかなぁ?

・・・まぁ、ぶっちゃけ、アニメのラストの方は、なんかもう、なんかもう、としか言いようがない内容だったと思うのですがね・・・どのキャラクターを演じていらっしゃったどの声優さんの演技も素晴らしかっただけに、なんか、もう少し内容的に何とかしようがなかったのかな、とか思うのですがごにょごにょごにょ。

 

あと2014年で言えば『世界征服~謀略のズヴィズダー~』の振り回され主人公、地紋明日汰も印象深いなぁ。ってか、この作品、私はめちゃめちゃ好きなんだけどなぁ。

とりあえず本と、久野美咲さんファンは、今すぐ見た方がいいよ。

うん。

久野ちゃん、最高!(どーん)

 

おっと、話がそれてしまいそうになりましたが。

その後で言えば、『鉄血のオルフェンズ』でのビスケット、『アルスラーン戦記』のエラム、『スタミュ』の星谷悠太などが個人的には印象深い役でございまして・・・そして2019年には『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役があがってきているわけですが。

 

炭治郎に関しては、もうThe主人公×でも人間らしい弱さ、脆さ、そして何より人間としての強さも抱えている、と言うキャラクターだと思うんです。だからこそ、なおのこと、花江さんの声とか、これまでそうしたキャラクターを数多く演じられて来て、そのキャリアと言うものが存分に生かされた役どころだったんだろうなぁ。

花江さんの炭治郎だからこそ、だと思うんですけど、散りゆく鬼に対して言葉をかけるシーン。あのシーンでどうしようもなく滲み出て、こちらの胸を切なくもあたたかく締め付ける感覚と言うのは、本当に花江さんのあの声の柔らかさと、弱く、優しく、だけど人として強いと言う炭治郎と言うキャラクターを演じきられている花江さんの演技力あってのものだと思うのであります。はい。

 

ただただ!

鬼滅の刃』が放送された2019年、そして今年2020年を見てみても、決して炭治郎役だけで語り終えてしまうのは勿体ない!と言うのが花江さんの声優としての魅力でして。

 

たとえば2019年で言えば『星合の空』の桂木眞己や『あんさんぶるスターズ!』の巴日和とか。キャラクターの対比が鮮やかすぎるくらいに鮮やかな、この2人の演技を見るだけでも、楽しいし、花江さんの声優としての魅力を味わうことができると思います。

また2020年で言えば『天晴爛漫!』の空乃天晴は、まさしく天才で、それ故にマイペース。周りを振り回しに振り回していくキャラクターだからこそ、その振り回されていた小雨が凶弾に倒れた時の天晴の狼狽、そして困惑と言うのには本当に切なかったし。でもそれだけ、天晴にとって小雨は欠かせない、本当に初めてできた理解者であり友人であり、同志だったんだろうな、と思わされたし。あの声をあげて泣くシーンなんか、ぶっちゃけもらい泣きしたもんなぁ・・・。ええ。

 

はい。と言うわけで私が初めて花江さんを知ったのは『TARITARI』で、『声優・花江夏樹』をちゃんと意識した作品は『断裁分離のクライムエッジ』でございます!

 

先程も述べましたが、2021年にも話題作への出演が決定しており、何より、『鬼滅の刃』もアニメ化、続きやるんでしょ?どうせもう、決定しているんでしょ?やらないって言う選択肢がないもんね、ぐへへへへ。となると、今後も花江さんはますます、声優としても、そしてYouTuberを代表とするような表現者としても活躍されていくんだろうなぁ・・・。勿論、夫として、そして双子ちゃんのお父さんとしても。

 

だからこそ、いや本と健康には気を付けて下さい、と老婆心ながらに思うと共に、そうした花江さんの活躍を期待しつつ、今回の記事は終了したいと思います。

 

ではでは。次回、取り上げるのはもう決まっているのです!

こちらも最近、とあるニュースで大きな話題になった、あの声優さんでございますよ!

よろしければ、引き続き、お付き合い下さいね。

 

では、読んで下さりありがとうございました!