夏アニメ、印象的な声優さん~女性声優編

はい。と言うことで毎クール恒例の、そのクールで放送されているアニメ、その中でも個人的に特に印象深い声優さんを、女性別、男性別にピックアップしてあれやこれやと書いていく記事でございます。

初回の本日は女性声優さんでございます。何だろ、毎回、この記事は『あの声優さんも、いやいやあの声優さんも、この声優さんも』というふうに悩むのですが、今回はその悩みが特に深く、結果としていつもより多くの声優さんを取りあげさせて頂いております。

だってどの方も、本当に素敵な、印象に残る演技を見せて下さっているんだもの!

 

てな具合で、早速、スタートでございます!

 

楠木ともりさん

・・・非常に上から目線で、『は?お前、何様のつもりやねん』と突っ込まれること承知で、それでも書くのですけれど。楠木さんのお声って、そんなに特徴が無いと思うんです。うん。多分、本と、街中とかで聞いたとしても楠木さんのお声だとはわからないだろうくらいに、こういう言い方はどうかと自分でも思うのですが、ごくごく普通のお声だと思うんです。うん。

ただ『SAOオルナタティブ ガンゲイル・オンライン』では、同一人物でありながら、だけどキャラクター性も外見も、勿論、年齢だって異なるレンと小比類巻香蓮と言うキャラクターを見事に演じ分けていられて驚いたし、アニサマでのステージは、たったひとりで、あれだけの観客を前にして堂々と歌声を披露されていたのは圧巻だった。それでもって『虹ヶ咲』の優木せつ菜としてのパフォーマンスも可愛らしくてかっこよくて。

 

そう言うことを踏まえた上で、そうして『デカダンス』のナツメちゃん役の演技を見るに、楠木さんって、声の力に頼らずにキャラクターを表現できる、純粋な表現力や演技力で勝負できる声優さんなんじゃなかろうか、としみじみと思うのです。うん

デカダンス』のナツメちゃんは、キャラクターとしては、何と言うか、どんな作品にも1人はいる、そんなキャラクターだと思います。うん。ただその、語弊を恐れずに言えばありきたりなキャラクターが、この作品で、生身の人間のような、体温を感じさせるキャラクターとして、その活き活きとエネルギーを振りまいているのは、本当に楠木さんの演技によるところが大きいなぁ、とつくづく作品を見ていて感じるのです。

 

声に個性が無い。だけどだからこそ、どんな役でも、その表現力、演技力、キャラクターの感情を余すことなく汲み取って、声で伝える、それができる女性声優さんなんだろうなぁ、と思うと、まだまだお若いことを含めて、本当にこれからの活躍が楽しみな声優さんであります。

あとな、可愛い(どーん)。『デカダンス』の配信番組、この前、見たんですけど、小西克幸さんのあのノリに、臆することなく声をあげて笑っている様子が、もうめちゃめちゃ可愛いし、なんかもう、見ていて気持ちが良い。そのままの君でいて(どーん)

 

大空直美さん

・・・私が大空さんを多分、初めて知ったのは『いなり、こんこん、恋いろは』だったと思うんですが、この作品、あるいはアイマスシンデレラガールズ緒方智絵里とかのイメージが強いと、何だろう、もう、『ガヴリールドロップアウト』サターニャとか『つぐもも』の桐葉とか。『ちおちゃんの通学路』のちおちゃんとかの演技を見ると、本当に声優さんってすげぇな、と思い知らされるような気がするのですが。

前置きが長くなってしまいました。何が言いたいかと言うと、とにもかくにも『宇崎ちゃんは遊びたい』の宇崎ちゃんが可愛すぎる、と言うことが言いたいのです。

 

いやさ、もうさ。本当に可愛いのよ。でもちゃんとうざさもあって、でも、そのうざさすら可愛くて。本と、何と言うか、こー、憎たらしいんだけどそれすらも可愛くて、しまいにはただただ可愛らしさだけになって来て、その上、桜井先輩に対する思い、そのいじらしさのようなものまで感じさせてくるもんだから、なんかもう、発狂しそうなくらいにただただ可愛いと言うか・・・可愛い(どーん)

 

何だろう。この辺りのさじ加減って、本当に難しいと素人ながらに思うんです。うん。あんまりうざすぎると、うざいだけのキャラクターで、キャラクターとして親近感や好感が持てないし。でもただただ可愛いだけだと、宇崎ちゃんの『うざい』と言う個性の魅力も伝わらなくなってしまうわけだし。『うざいけど可愛いけどやっぱりうざくてでもやっぱり可愛い』と言うのが宇崎ちゃんの宇崎ちゃんたる魅力なわけであって。

で、大空さんの演技は本当に、もう見事に、その宇崎ちゃんの魅力を表現されていて、本当に見ていて楽しいし、可愛いし、可愛いし、可愛いんです(どーん)。ってか、あれ。大空さんの、あの困った時の何とも言えない声と言うか、形容しがたい声と言うのは、もはや国宝に値すると思う(どーん)。

あぁ、3分、いや1分でいいから、桜井先輩になって、宇崎ちゃんといちゃこらしたい・・・いちゃいちゃしたい・・・そして思いっきり、困らせてみたい(悦)

 

竹達彩奈さん・・・見ている作品の関係上もあるのでしょうが、今期は竹達さんのお声、演技をたくさん耳に、目にする機会が多いように思います。いや、演技どうのこうの、と偉そうなことを言う前に、本当に竹達さんのお声って、可愛いんだよなぁ~。

 

はい。その可愛らしいお声を武器に、だけど様々なキャラクター、様々な感情を表現され、当然のことながらその作品のキャラクターとしてまったく別の表示用を見せて下さっている、と言うのは凄いなぁ、と思うのであります。はい。

個人的に今期、いちばん好きなのは『SAO』のリーファ、直葉ちゃんの演技で、なんかめちゃめちゃいいなぁ、と思うのです。何と言うか、リーファの、あのまっすぐさとか、明るさ、リルピリンと出会った時の、あの天真爛漫さ、本当に何の疑いもなしに、彼を人間扱いした、あの純粋さとか。その一方で、傷つけられても、傷つけられても、どれだけ倒れそうに、倒れたくなっても、心が折れそうになっているのに、それでもただただキリトのことを信じて、敵に立ち向かい続ける、あの姿の時の、あの見ているこちらの胸が本当に辛くなるような演技とかが、本当にリーファ、直葉そのままで(と言うのも、なんだかずいぶん変な言い方のような気がするのですが(汗))、いいなぁ、好きだなぁ、と思うのであります。なんがこー、可愛い、でも、可愛いだけじゃないって感じが、ものすごく伝わってくるんだよなぁ~。

 

それから『宇崎ちゃんは遊びたい!』の亜細亜実さんは、ちょっと低めの竹達さんボイスによる、視聴者の心境を代弁してくれるかのような、宇崎ちゃんと桜井先輩に対する観察眼、そしてそれを思いっきり楽しんでいる様の演技と言うのが、見ていて本当に楽しいのです。

そして『ピーター・グリルと賢者の時間』のミミは、もうね・・・公式サイトのキャラクター紹介にも書かれてある『脳筋のバカ』と言う強烈な紹介文が(笑)しかし、竹達さんの演技によって、本当にその通りに表現されているから素晴らしいの一言です。

うーん、しかしこうして並べてみても、今期の竹達さんの演じられているキャラクターのふり幅と言うのは、めちゃめちゃ大きいなぁ(笑)

 

はい。で、他にも印象的な女性声優さんはたくさんいらっしゃるので、以下、ちょこっとずつ、紹介させていただきたいと思います。

 

まずは竹達さんのところでも挙げた『ピーター・グリルと賢者の時間』からは、唯一の良心と言っても良いでしょう(笑)、ルヴェリア役の二ノ宮ゆいさんです。あの抑えた感じの、威厳や凛とした感じ、またに絵に描いたような女騎士であるルヴェリアのキャラクターを表現されている、あの声と言うのが、個人的にはめちゃめちゃ好きです。調べてみたらアイカツで声優デビューを果たされ、歌手としても活動されているとのことで。なるほど・・・歌声とかも、ちょっと気になるなぁ~。

 

それから『GREAT PRETENDER』で、見事に騙してくれた園崎未恵さんの演技も、もう個人的には脱帽ものでした。いやね、園崎さんのポーラ・ディキンスの時の演技や声と言うのは、もう、何と言うのか、園崎さんを代表するような、もう園崎さんにぴったり過ぎる演技とお声だったじゃないですか。だからね、だから『そんな、まさか。ポーラまで実はローラン側なわけないやろ』と思いますよね?ね?私は!そうやって!すっかり!騙されたよ!(どーん)。そうしてその後、ポーラの正体が明かされた、その時に、お酒に酔ったポーラの声とか演技がさ、もうめちゃめちゃ可愛らしくてさ・・・園崎さんの演技、ずっこいわ・・・めちゃめちゃかっこいい後、こんなに可愛い演技、見せて下さるとか・・・ずっこいわ・・・。

 

そして『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』 のWヒロイン演じる早見沙織さんと東山奈央さんの演技も、ほーんと、胸にくるんだよなぁ・・・。このおふたりといえば、もう人気は勿論のこと、その演技力の高さにも定評があるので、今更、私がどうのこうの言うものでもないのでしょうが・・・ほんと、なんか、こー、長きにわたり演じ続けられてきたキャラクターだからこそ、と言う面もあるのだろうけれど、本と、真面目すぎる、思春期の少女の感情と言うのを表現するために、なんか息継ぎひとつにまで神経を配らせているような演技だよなぁ、と同作品を見ていて思うのです。はい。

 

あと『デカダンス』で言えば、最強の女タンカー、クレナイと、作品のマスコット的存在で、とにかく可愛いパイプの演技で大活躍な喜多村英梨さん、『Re:ゼロから始める異世界生活』のフレデリカの、あの、時折、どうしようもなく滲み出てしまうお姉さんボイスがたまらない名塚佳織さん、同作品でとにかくかわいい、ただただ可愛い、それでいいんだ、君はそれでいいんだ!なペトラ役の高野麻里佳、そしてそんなお姉さんも、可愛いも、みーんなまとめてお腹、掻っ捌いちゃうわよ、うふふ、なあのウイスパーボイスが耳に、背中にぞくぞくするエルザ役の能登麻美子さんも印象に残っております。

更に更に『GREAT PRETENDER』アビー役の藤原夏海さんの声、演技も素敵なのです。ちょっとかすれた感じの、少年性を感じさせる藤原さんボイスとアビーのキャラクターの相性が抜群で、もうたまらん(語彙力)。ってか単純にもう、藤原さんのお声が好きなんだよなぁ~。

 

はい。と言うことで、勿論、他の作品、他の声優さんも本当に素晴らしい、心に残る演技をたくさん見せて下さっており、本当にアニメファン、声優さんファンとしてはただただ感謝しかない今日この頃でございます。

 

はい。と言うことで本日は、夏クール、印象的な女性声優さんについての感想などを記事にしてまいりました。明日は男性声優さんについての記事をアップする予定ですので、よろしければ引き続き、お付き合い下さいませ。

 

ではでは。読んでくださりありがとうございました~。