tsuzuketainekosanの日記

アニメや声優さん、ゲーム、漫画、小説、お仕事とのことなどなど。好きなことを、好き勝手に、好きなように書いていくだけのブログです!ブログ名の『ねこさん』は愛猫の名前だよ!かわいいよ、ねこさん!

気になるコンテンツ『VS AMBIVALENZ』~成程、よく考えられてるなぁ。

アニメ情報サイトなどで見かけた、気になるコンテンツを紹介する記事です。

 

さて。世にはいろいろなコンテンツがありますが、その中にはこちら側、つまりそのコンテンツのファンに選択させると言う手法を取り入れてるコンテンツも少なくありません。

 

たとえば『ヒプノシスマイク』はそのひとつではないでしょうか?

バトル方式を取り入れ、その勝敗の行方をファンによる投票にゆだねる。

 

こうした手法と言うのは、ファンにとっては自分の声や思いが、ダイレクトに企画に反映されると言うメリットや魅力があると思います。

 

ただね・・・一方で、声優さんのファン、もう声優さんと言う存在が好きな私のような人間にとっては、負けてしまった、すなわち選ばれなかったキャラクターを演じていらっしゃる声優さんの気持なんかを勝手に察すると、とても残念な気持ちが生まれてしまうのも事実なのです。

 

で。

 

今回、ご紹介する新コンテンツ『VS AMBIVALENZ』ですが、こちらのコンテンツ、結論だけ言うと『二者択一のアイドルオーディションプロジェクト』なのでございます。

14人のアイドルを目指す青年たちがいる。だけどその中で実際にアイドルとして、ボーイズグループとしてデビューすることができるのは7人だけ。

この14人のアイドルたちを応援するファンは『グランツ』と呼ばれ、約1年のメディアミックス展開でお披露目される彼らの活動を見たうえで、『グランツ』の投票により選ばれた7人だけが、夢のデビューを果たすことができる・・・と言う仕組みなのです。

 

つまり、です。

実際に、ファン、つまり私たちの投票が実施され、それによってデビューする7人が決定すると言う手法がとられているのですね。はい。

更に言うと、すでにその投票企画、1回目は、ただいま、絶賛実施中だと言う。

は、早い(汗)

 

この投票企画に関しては、のちほど、ご紹介したいと思いますが。

 

で。

最初、この内容を知った時、そして出演されている声優さんの何名かを見た時『魅力的なコンテンツだけど・・・14人のうち7名だけと言うことは・・・7名のキャラクターを演じていらっしゃる声優さんは、選ばれないと言うことになってしまうのか・・・。残念だなぁ』と思ったのです。

 

ところがどっこい。

 

いざ、このコンテンツを紹介していたその記事、それにすべてに目を通してみて、このコンテンツの全容を知りましたらね・・・ふふ。

『成程、これはよく考えられてるわ・・・』とにんまり、してしまったのです。

ふふ(笑)

 

14名のキャラクターです。

普通に考えたら、14名の声優さんが、と思いますよね。

単純な私はそう思いました。

 

ところが、このコンテンツの面白い、そしてよく考えられている、声優ファンにとってありがたいのは、2人のキャラクターを1人の声優さんが演じられている、と言うことです。

 

いやー、これ、ありそうでなかった、なかなか画期的な企画ではないですか?

 

てなことで早速、その詳細をご紹介いたしますね。

14名のキャラクターは、それぞれに担当カラーがあり、1つの担当カラーに2人のキャラクターがあてられていて、その2人のキャラクターを1人の声優さんが演じられている、と言う仕組みです。

 

まず担当カラー赤にあてられているのは、TAIYOとSUBARUの2人です。この2人を担当されているのは、土田玲央さんです。

次の担当カラーは青。その青を担当するISSEIとMIO、このキャラクターを演じられるのは河西健吾さんです。

 

そして担当カラー緑、こちらのJINTAROとCIONを演じるのは小林千晃さん、担当カラー黄色のNAGOMUとCUC、この2人を演じられるのは浅沼晋太郎さん。

 

担当カラー紫の39YEAH↗とREYは古川慎さんが、担当カラーピンクのAUGURIとFUTABA村瀬歩さんが演じられます。ラスト、担当カラー白、LIONとKAZUは畠中祐さんが演じられます。

 

あと案内役兼管理人、INAMOTOには安元洋貴さんがキャスティングされています。

 

・・・どうですか、この声優陣。

個人的な第一印象は『キャラソンガチ勢が揃ってる』でした。うふふ。

あと土田玲央さんや小林千晃さんと言った、今、勢いがある声優さんが出演されているのも、非常に面白そうだな、と思ったり。

 

と言うことで1人の声優さんが2人のキャラクターを演じていらっしゃる。

担当カラー2人の内、デビューできるのは1人だけ。

でも、演じていらっしゃる声優さんは同じだから、どちらが選ばれても、声優さん好きにとっては精神的なダメージが少ない!

 

なんてありがたいコンテンツ!(笑)

 

それだけではなくて、ですね。

こちらのコンテンツ、1人の声優さんが2人のキャラクターを演じると言うことで、その声優さんの演技力、表現力を堪能できる、そんなコンテンツでもあるんじゃないか、とも思ったのです。

 

で、それぞれの担当カラーのキャラクター2人、これが見事に性格が正反対なような設定になっているんです。

たとえば土田さんが演じる赤の2人、TAIYOは実力は未知数なものの、とにかく明るく、前向きな感じのキャラクターのようなのですが、一方のUBARUは、表情からして、どこか生真面目さやクールさを感じさせ、しかも伝説の天才アイドル練習生とのことで、何やら過去にありそうな、そんな予感を抱かせるキャラクターとなっています。

 

担当カラー緑、小林さんが演じる2人のキャラクターも、見るからに生意気そうな感じで『ビッグマウス』『おばかヤンキー』と言う散々な(笑)キャラクター紹介がなされています。その一方でもう1人は『ミステリアス丸眼鏡(秘密の過去あり)』と言う紹介文そのまま、おとなしそうな、そしてどこか謎めいた雰囲気を漂わせているのです。

担当カラー黄色は浅沼さんが演じられるのですが、1人はこじらせおっとりお兄ちゃん、もう1人はいかにも元気で可愛い男の子と言った感じで、もうこんなの、浅沼さんのおいしいところ、全部、味わえちゃうような贅沢さです!(言い方)

 

このように、他の担当カラーのキャラクターも、見事に正反対な雰囲気、性格をしたキャラクターが登場しており、それを1人の声優さんが全部、演じられると言うのは、今から想像しただけで楽しみでなりません!

ってかこれ、声優さんも演じていて、めちゃくちゃ大変だろうけど、楽しいのではないかなぁ、と勝手に推測したり(笑)

 

ねー。

これはほんと、今までありそうでなかった、そんなコンテンツではないでしょうか。

 

てなことで。

早速、まずはコンセプトPVと、各キャラクターの紹介PV、見たのですが。

 

あー・・・これ、めっちゃ楽しい!

想像していた以上に楽しい!

 

なんだろ。もうこんな贅沢な企画なら、むしろ14人全員デビューとかで良いんじゃないの?と思わせるくらいに、楽しい!

 

ってかほんと、コンテンツに出演されている声優さんの中にお好きな声優さんがいらっしゃる方は、絶対に楽しめますっ!断言できる!

2人のキャラクターを、1人の声優さんが見事に、本当に見事に、きれいに演じ分けていらっしゃって、ちょっといい意味で鳥肌が立ったくらいですし、もうほんと、聞いていてにやにやが止まらんくらい、めちゃくちゃ楽しい!

 

あと個人的に、コンセプトPVでコンテンツの紹介をされている安元さんの演技も、何かしらどこか不穏さ、怪しさみたいなものを感じさせて素敵です。

十二大戦』のドゥデキャプルを髣髴とさせるなぁ。良い味、出されてます。

 

はい。と言うことで、俄然、盛り上がって欲しい!と言う気持ちが強くなったこちらのコンテンツですが、先ほども書きましたが、実は既に第1回の投票が開催されています!早い!

『第一印象でデビューして欲しい7人、担当カラーから1人ずつ』投票することができる仕組みです。

公式サイトの投票ページから、任意のSNSアカウントで認証を行うことで投票ができるとのことで、期間は29日の11時59分までです。

 

勿論、今後、約1年をかけて展開していく中で、投票は複数回、行われるとのことで、最終的な獲得票数によって、デビューする7人が決まる、と言うわけです。

なので早速、推しの子や推し声優さんが演じているキャラクターなどがいらっしゃるようなら、記念すべき1票、投じてみてはいかがでしょう!?

 

その他、キャラクターの詳しい紹介やコンテンツの詳細などは、こちらの公式サイトで、ぜひぜひ、チェックしてみて下さいね。

vsambivalenz.com

てなことで本日は『よく考えられているなぁ』と感心したと同時、今までありそうでなかったその仕組みが、とにかく『楽しい!面白い!』と感じたコンテンツ『VS AMBIVALENZ』をご紹介いたしました。

いや、これはほんと、たくさんの人に知ってもらいたい!

そして盛り上がって欲しいぞ!

 

いやー・・・しかしほんと、こう言うコンテンツ、手を変え品を変え、様々な工夫が取り入れられて、次から次へと生まれてくるなぁ。

凄いなぁ・・・。

そして、ありがてぇ、ありがてぇ・・・。

 

ではでは。本日の記事はここまでです。

読んで下さりありがとうございました!