あなたならどの作品を選びますか?~おすすめしたいアニメ8選

さて。お家にいる時間が長い今日この頃。ツイッターなどでは『こんな時だからこそ、アニメ見ようぜ!私がおすすめするのはこの作品だぜ!』と言う投稿を見かけることも多くて、そう言うのを見る度、『ほっほー』とか『あぁー、わーかーるー』と言う具合に、私はひとりでにまにまとしてしまいます。

 

と言うことで、誰も興味はないと思いますが(ちーん)、私もそのブームに乗っかってみました。本日の記事はタイトル通り、『私がおすすめしたいアニメ8作品』の紹介でございます。

 

なぜ8作品なのか?って?

何となくです(どーん)

5作品では少ないし、でも10作品は多い気がしたので、その間をとっての8作品です(笑)

 

では早速、発表です。あ、ちなみに紹介の順番は特に関係ありません。最初に紹介した作品が8作品の中の1位とか、そんなことは全くありませんので。はい。

 

・『Re:ゼロから始める異世界生活

・・・とにかく1話のラストで物語の世界に引き込まれてからは、もう、ずーっとその感覚が続く作品だと思います。繰り返される死、その度にリセットされてしまうすべて。その絶望感が苦しく、痛く、しかしだからこその、ようやくたどり着けた願い通りの結末に至った時の安堵と感動たるや。あとスバルと言う主人公の、まっとうな成長の物語としても、本当によくできていると思うのです。はい。そしてその物語を生きるキャラクターを演じる声優さんたちの演技が、とにかく本当に素晴らしい。一応、2期の放送が夏に予定されていますので、この機会にぜひ、見てくれ。ただし精神的にきつい時には、見ない方がきっと賢明です。多分、もっと精神的にきつくなるから(汗)

 

・『銀河機攻隊マジェスティックプリンス

・・・主人公であるチームラビッツの面々が、本当に愛おしい。そして彼ら、彼女らを見守る、先輩や大人たちがかっこよく、対する敵チームの個性の強さも面白い!そうした人間ドラマと、圧巻のバトルシーン、機体の個性豊かさなどが見事に融合した、本当に素晴らしいロボットアニメだと思います。個人的には、射撃時の動きがたまらない!ゴールド4が好きです!涙あり、シリアスあり、でもとても、とてもあたたかく、ほんわかした目線で描かれるチームラビッツの物語には、回を重ねるごとに、あなたもきっと、チームラビッツの保護者になっていってしまうはずです!あと、チームドーベルマン、本当にかっこいい。

 

・『キルラキル

・・・ザ・TRIGGER!『考えるな!感じろ!』を地で行く、まさしく勢いと熱量と愛情で突っ走った作品。でもそれが良い。そこが良い。個性炸裂なキャラクター達が本当に魅力的なんだけれど、個人的には、女子キャラ(あえてこの言い方です)が最高にかっこよく、キュートで、セクシーで強いのがたまんないと言うのも、この作品の魅力だと思う。支離滅裂な物語だけれど、とにかく芯に熱いものが、熱い血潮が通っていて、本当に生きもののようなアニメーション作品。とにかく1話を見てください。このノリが全24話、続きます(笑)。なので、1話で『こりゃ面白そうだぞ』『面白いぞ!』と思った人は、そのまま全24話、とにかく振り回され、突っ走って下さい。

 

・『宇宙よりも遠い場所

・・・『その時にしかできない、その時にしか味わえないものがある』と言うのを青春と名付けるのであれば、間違いなくこの作品は、青春を描いた傑作だと思う。一方で、その青春時代を終えて、けれど、それでもなお、青春に近い時間を生きている大人たちが描かれているのも、本作品の魅力です。人気、実力ともにトップクラスの女性声優4名が主役キャラクターを務めると言う贅沢な作品で、けれどその声優さんたちの、各キャラクターとしての演技が、まぁ、本当にお見事なんですわ。勿論、大人キャラクターを演じる声優さんたちの演技も、本当に心に沁みる。とにかく笑って、泣けて、最後にはとても清々しく、前向きな気持ちになれる作品です。

 

・『スペース☆ダンディ

・・・こういう作品が、無秩序で、いい加減で、クリエイターの個性が炸裂していて、でも最高に洗練されている、こういう作品が、もう少し増えても良いと思うのですが。はい。いやとにかく、毎話、毎話、同じ作品なのにまったく異なるストーリーに作画に、BGMにと、とにかく全26話、本当に贅沢なものを見せてもらったぜ!と言う気持ちにさせられた作品です。あと1話ごとにゲスト声優さんがいらっしゃるのですが、1話ごとに変わる、その1話だけの演技が見られると言うのも、本当に豪華なことだと思うのです。と言うことで、思い返してみてもとても豪華な、でも、その豪華さをそれとは感じさせないところに(笑)この作品のかっこよさ、クールさがあるような気がする(笑)

 

・『月がきれい

・・・初恋純愛ものの最高峰だと個人的には思っているオリジナル作品。いや、本と、こんな恋愛してみたかったさ。ネタバレになるので言えないけど、最終回と、そこで明かされる、これまでのEDのネタバレも、もう最高。壁が足りない!瑞々しく、もどかしく、初恋に揺れる少年と少女の心を見事に演じきった千葉翔也さんと小原好美さんの演技も最高。またあの年齢ならではの、リアルな友情模様、友達と好きな人が被っちゃった!と言うリアルなそれも描かれていて、その辺りは田丸篤志さんや村川梨絵さんの演技が、本当に光る、光る。とにかく見て。本当に見て。そして悶えて。『深夜の恋テロ』とまで評されたこの作品を見て!壁が、壁が足りないっ!あと実写映画にしようもんなら、ぶん殴る!絶対に、絶対に、ぜーったいに止めて。許さないぞ!

 

・『Fate/stay night[Unlimited Blade Works] 』

・・・ufo版の、テレビ放送版のやつです。これはもうとにかく衛宮士郎とアーチャーと言う、2人の男の、あんまりにも不器用な生き方、生き様と言うのが、個人的には本当に、本当に好きでして。はい。何だろ。もう本当に、『バカだなぁ』って言いたくなるくらいの不器用さと言うか。でも、そう言う生き方を止められない、曲げられない2人だからこその、切なさが胸を打つと言うか。とにかくストーリーの意味とか、用語の詳しい意味とかわかんなくてもいいから、とにかくこの2人の不器用さに悶えて欲しいのです。あとufoの超絶作画の美麗さにも見惚れて欲しい。あの作画は、もはや国宝級と言っても良いと思う。世界に誇れるぞ!

 

・『輪るピングドラム

・・・なんでしょうね。イクニ作品はとにかく、何としてでも、何としてでも『愛』を徹底的に描こうとしていると思うんですけれど。その中でもとびきりの、それ故に少し悲しい『愛』が描かれているのがこの作品ではないか、と。とにかく人により受け付けられるか否かは大きく分かれると思うので、こちらも1話をとりあえず見て下さい。それで大体は判断できるかと。木村良平さんの演技と、対してどこかたどたどしさすら感じさせる木村昴さんと荒川美穂さんの演技が、でもキャラクターの心情や個性にとてもマッチしているように思えるのも、この作品の魅力だと思います。寂しく、悲しく。でもやはりとびきりの『愛』の物語だと、私は思うのであります。

 

はい。そんな具合で全8作品、簡単に挙げてみましたがいかがだったでしょうか?

なんか多分、年代ごとに放送されたアニメ作品の一覧みたいなのを見せてもらえば、『んあぁ~、この作品も入れたかったなぁ』と言う作品がごろごろ出てくることと思うのですが(笑)。

 

でも、私、自分の中での印象深い作品みたいなのを考えるのが好きで、割と頻繁に考えているのですが・・・それと照らし合わせてみても、やはり今回の8作品は、ほとんど変わりがないと言うか。はい。

 

でもやっぱり、なーんか忘れてる作品もあるような気がする今日この頃。

 

うふふふふ。

 

はい。そんな具合で、こういう『あなたにとって印象深い、おすすめしたいアニメ作品』について皆さんと話し合うのも楽しそうだなぁ~。

 

ではでは。今回の記事はここまでです。

読んで下さった方、ありがとうございます~。